« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

富士山

あるところ方から「吉川英治には富士山を詠んだ句がありますか?」とのお問合せがありました。

その切り口で吉川英治の川柳・俳句を調べてみたことがないので、興味深いと思い「川柳・詩歌集」「続川柳・詩歌集」をパラパラとながめてみました。

その結果、とりあえず「富士」の語が入ったものを3句見つけました。

雲の峰崩れて富士を呑まんとす

雑誌『秀才文壇』明治39年9月号に≪霞峰≫の号で投稿されたもので、吉川英治14歳の時の作品になります。
年齢の割に達者といえば達者ですが、達者すぎていけ好かない感じも受けないではありません。

富士も暮れ都も夕べビルディング

こちらは大正時代の句。
東京の夕暮れ時に遠望できる富士山の姿と、都市化によって建ち並び始めたビルとを対比したものでしょうが、個人的には通っていた大学の図書館から冬の夕方に新宿副都心のビル群とともに眺めた富士山のシルエットを思い出します。
現代にも通用する句ですね。

国はまだ夜深し富士の薄朝日

地球は丸く、そして富士山は標高が高いので、平地より少し先に日の出が見られます。
東京より西にありながら、日の出の時間は東京より富士山頂の方がわずかに早くなっています。
それを踏まえた句でしょうか。
詠まれたのは終戦から間もなくの時期のようです。
敗戦の暗さの中にも、復興への光はわずかながら兆している、そんな思いが込められた句ということになるでしょうか。

小説「宮本武蔵」の中にも富士山を描いた場面がありますし、もう少しあるかと思ったのですが、以上の3句だけでした。
もしかすると、「富士」の語を含まない形のものがあるかもしれませんが、詠まれた状況がはっきりしないものも多いので、そこまでは追究できませんでした。

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

「森村誠一さんを囲むひととき」について

吉川英治記念館では10月15日に「森村誠一さんを囲むひととき」を開催いたします。

この催しについて、数日前に森村さんが出演なさったラジオ番組(NHKの「ラジオ深夜便」)で、ご紹介くださったそうです。
私はラジオを聴いていなかったので気がつきませんでしたが、先程、ラジオを聴いた方からお問合せがあって、そのことを知りました。

実は、この催しの申込みは9月15日で受付をすでに終了しているのですが、若干数ならば定員に余裕があります。

ラジオを聴いて興味を持たれた方で、参加をご希望の方がいらっしゃいましたら、あと数名までは受付いたしますので、こちらのページにあるメールアドレスへご応募いただくか、当館までファックス(0428-76-1936)でご応募ください。

定員に達し次第、受付は終了いたしますが、その点はご容赦下さい。

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

第四回文学散歩を行ないます

今回で第四回目となる吉川英治記念館文学散歩を11月17日(木)に開催します。

今回のタイトルは「墓地で文学~多磨霊園を歩く~」です。

詳細と応募方法はこちらをご覧下さい。

過去三回は、タイトルは毎回変えていましたが、いずれも吉川英治記念館とその周辺、という形で青梅市内を回るものでした。
その結果、代わり映えしないと思われたのか、毎回参加希望者が減り、第三回は二人しか応募がなかったため、中止のやむなきに至りました。

そんなわけで、今年は思い切って青梅を離れることにしました。

今回は多磨霊園の中を4時間ほど歩くというシンプルなものですので、お気軽にご参加下さい。

ちなみに、以前個人的に歩いた時のことを、このブログに書いたことがあります

ほぼ同じ所をまわることになりますが、「ブログで読んだことそのままじゃないか」と言われないように努力しますので、ご応募よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »