« アートプログラム青梅三題の3 | トップページ | マリーシア »

2011年11月13日 (日)

若気の至り

今年は、どうも、アクシデントが多いようで。

当館では、今、アートプログラム青梅に会場を提供しています。

当館は基本的に入館は有料ですが、アートプログラム青梅の事務局や参加作家から招待状を送られた方に対しては、招待状が入っていた封筒を提示していただけば、無料で入館していただいています。

参加作家の方々は、作家活動だけで生計を立てているという方は稀で、大体はどこかの美大・芸大で先生をしていらっしゃいます。
また、そもそも学生自体も企画に参加していますので、そうした学生たちも来館します。

今日の昼間も、そんな学生と思しきの小グループが封筒をもって来館しました。
館内での様子を見ていると、大きな声で作品を“批評”しています。
若者の仲間内の口調なので、どちらかと言うと、“けなしている”と言った方が当たっているかも知れません。

「若い時は、そんな生意気なことを言ってみたくなるもんだ。まして芸術系の学生では、そういう我も強かろう」などと、どちらかと言えば、微笑ましい気持ちで眺めていました。

さて、騒々しい若者たちが帰った後、しばらく経って、ふと作品を見てみると、何か違和感があります。

Pa190590

これは、吉川陽一郎さんの「飽和」改め「キャスターの時代」(会期の途中で、突然タイトルが変わりました)という作品です。
キャスターの付いた細いグラスファイバーがつなぎ合わされたものです。

赤い四角で囲った部分だけ、どこにもつながらず、突端が出ています。

この離れているはずの2ヶ所が、今は接続されているのです。

初めて観る人にはわからないでしょうが、私は毎日観ているので、すぐに気が付きました。

作品をどう捉えるかは自由ですから、言葉で酷評するのは好きにすればよろしいわけですが、作品そのものに手を出すのは、いただけません。
作家本人の目の前でやってのけるのなら、ある種のアートパフォーマンスと言えるかもしれませんが、こっそり改変してしまうのは、ただの悪戯です。

他人の作品に対してリスペクトが無いというのは、アーティストとして下の下だと思うのですがね。

|

« アートプログラム青梅三題の3 | トップページ | マリーシア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートプログラム青梅三題の3 | トップページ | マリーシア »