« プラムポックスウィルス | トップページ | 写真コンテスト入賞作品をアップしました »

2012年7月18日 (水)

悔しい

ある古書店から送られてきた目録に、これは!と思う本があったので注文したのですが、「先に注文があり売り切れました」という連絡が返ってきました。

ああ、悔しい。

目録によると、その本は昭和2年に榎本書店から刊行された「鳴門秘帖」。

著者名が書かれていないところは気になりますが、「鳴門秘帖」と言えば、吉川英治の作品です。

なぜ、この本に反応したかと言うと、当館でまとめた「吉川英治小説作品目録」という冊子に収録されていない本だからです。

また、こういう背景もあります。

吉川英治の「鳴門秘帖」は、『大阪毎日新聞』に大正15年8月11日~昭和2年10月14日にかけて連載された作品です。
作品の人気は高く、まだ連載中に複数の映画会社によって映画化されたほどです。

この作品の単行本は、これも連載中の昭和2年3月10日(奥付)に、連載していた大阪毎日新聞(および東京日日新聞)によって「鳴門秘帖 前編」として刊行されました。

ところが、ちょうどこの時期、日本の出版界は≪円本ブーム≫を迎えており、その一つの企画として平凡社から「現代大衆文学全集」が出ることになりました。
当然、そこには大衆文学界の俊英として頭角を現した吉川英治もラインナップされることになります。
そして、「鳴門秘帖」の全編が収録されることになったのです。

かくして、昭和2年12月20日(奥付)に「現代大衆文学全集」の第9巻として「鳴門秘帖」が刊行されます。
その結果、大毎・東日版は前編のみで刊行が中止になってしまいます。

この「鳴門秘帖 前編」は、こうした理由から吉川英治には珍しい稀覯本になっています。

その同じ昭和2年に刊行された「鳴門秘帖」とは、どういう本なのか?

想像するに、著者の許諾を得ずに出版されたもの、それもいわゆる赤本の類いなのでしょう。
しかし、現物を見ないことには、なんとも言い様がありません。

私より先に注文して手に入れた方、もしこれを読んだら、譲ってくれとは言いませんから、一度見せてくれませんか?

|

« プラムポックスウィルス | トップページ | 写真コンテスト入賞作品をアップしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラムポックスウィルス | トップページ | 写真コンテスト入賞作品をアップしました »