« 複数のタイトルを持つ作品(1) | トップページ | 複数のタイトルを持つ作品(3) »

2012年11月18日 (日)

複数のタイトルを持つ作品(2)

次はその

(2)単行本化の際に初出時とはタイトルが変った作品

です。これは6作品あります。列挙してみます。

・「武田菱誉の初陣」(『少年倶楽部』大正14年1月号)
⇒「誉の初陣」(「少年少女教育講談集5」講談社 昭和6年3月)

・「仇斬草」(『少女倶楽部』大正14年5月号)
⇒「天女の冠」(「初旅坊ちゃん」ポプラ社 昭和25年4月)

・「魔金」(『冨士』昭和11年臨時増刊号)
⇒「魚紋」(「英治短編抄」新英社 昭和11年12月)

・「悪党祭り」(『オール読物』昭和11年9月号)
⇒「鍋島甲斐守」(「英治短編抄」新英社 昭和11年12月)

・「春燈辰巳読本」(『オール読物』昭和12年臨時増刊号)
⇒「春の雁」(「松風みやげ」大元社 昭和15年)

・「太閤記」(『読売新聞』昭和14年1月1日~20年8月23日)
⇒「新書太閤記」(新潮社 昭和16年~20年)

上が初出時のタイトルと掲載紙誌、下が単行本収録時に変更されたタイトルとそのタイトルで収録された最初の単行本です(「太閤記」以外は短編なので、最初の単行本のタイトルとは一致していません)。

ちなみに、現在の「新書太閤記」は、昭和24年になって複数の地方紙に連載された「続太閤記」を含んだ作品になっています。上記の新潮社版にはその部分がありません。
これを別物と見るならば、パターン(2)は7作品ということになりますが、「太閤記」+「続太閤記」で1作品ということにしておきます。

|

« 複数のタイトルを持つ作品(1) | トップページ | 複数のタイトルを持つ作品(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 複数のタイトルを持つ作品(1) | トップページ | 複数のタイトルを持つ作品(3) »