« 複数のタイトルを持つ作品(4) | トップページ | ことばを展示する »

2012年11月21日 (水)

複数のタイトルを持つ作品(5)

(6)その他

最後は複合型と言えばいいでしょうか。
作品は「親鸞」です。

(1)では複数の地方紙に連載され、それぞれでタイトルが違うという「江戸城心中」をご紹介しましたが、「親鸞」も複数の地方紙に異なるタイトルで連載されました。

「親鸞聖人」(『名古屋新聞』昭和9年9月28日~10年8月9日)
「愚禿親鸞」(『神戸新聞』昭和11年1月5日~8月6日)
「愚禿頭巾」(『京城日報』時期不明)
「紙衣祖師」(『台湾日日新報』時期不明)
「受難菩薩」(紙名も時期も不明)

色々不明になっていますが、これは当館では新聞の切り抜きしか所蔵していないため、タイトルはわかるものの紙名や年月日が確認できなくなっているということです。

「江戸城心中」と異なるのは、掲載時期にズレがあることです。

その上、これが単行本化(講談社 昭和13年)される際に、タイトルが「親鸞」に変更されています。

そんな訳で、これは“その他”としました。

以上のような具合に、様々なパターンで複数のタイトルを持つ作品が存在しています。

聞いたこともないタイトルの吉川英治作品に出くわしたら、ちょっと参考にしてみてください。

|

« 複数のタイトルを持つ作品(4) | トップページ | ことばを展示する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 複数のタイトルを持つ作品(4) | トップページ | ことばを展示する »