« 散髪 | トップページ | 最初の一花 »

2013年1月28日 (月)

時代劇

先日、地元の中学校の生徒が総合学習で当館の見学に来ました。

さて、当館では、最近は吉川英治原作映画のポスター類を常設展示しています。
いま展示しているのは、美空ひばりと中村錦之助が主演の「ひよどり草紙」、長谷川一夫と市川雷蔵が共演の「鳴門秘帖」、高橋英樹主演の「宮本武蔵」の3枚。

中学生たちが、そのポスターの前にいたので、「それ、高橋英樹だよ」と、声をかけました。

上記の役者のうち存命なのは高橋英樹だけですし、最近はバラエティ番組にも出演していますから、中学生でも知っているだろうと思ってのことですが、みんな「???」という顔をしています。

そこで重ねて、「サムライの格好して越後製菓のCMに出てる人」と言ったら、「ああー」と納得した様子。

オジサンにとっては「桃太郎侍」の人なんだけど、中学生じゃ知らないよなぁ。
「一つ人の世生き血をすすり、二つ不埒な悪行三昧、三つ醜い浮世の鬼を、退治てくれよう、桃太郎」なんてそらんじてるんだけどなぁ。

しかし、私が彼らくらいの年の頃には中村梅之助の「遠山の金さん」、大川橋蔵の「銭形平次」、加藤剛の「大岡越前」、中村敦夫の「木枯らし紋次郎」、「大江戸捜査網」シリーズに「必殺」シリーズ、などなど、挙げ出したらきりがないくらいの時代劇がテレビで見られたものですが、いまは地上波ではほとんど見る機会がないでしょう。

まあ、吉川英治の場合は同一主人公の連作がないので、テレビでは大河ドラマか単発ものかという両極端なものにしかならないので、ある意味ではあまり影響がないと言えばないのですが。

でも、時代劇、復活して欲しいものです。

|

« 散髪 | トップページ | 最初の一花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 散髪 | トップページ | 最初の一花 »