« 梅との別れ | トップページ | 梅の伐採予定日 »

2013年2月28日 (木)

第5回草思堂落語会を開催します

吉川英治記念館では、春の催事として恒例となりました≪草思堂落語会≫を開催たします。

出演はこれまでと同じく、柳家禽太夫師匠です。前座の一席を含め、休憩をはさんで二人で三席を演じますが、その一席として吉川英治の≪新作落語≫を上演いたします。

吉川英治は、作家デビュー前後の大正末期に、複数のペンネームを用いて、多くの作品を世に送り出しましたが、その中に≪新作落語≫と銘打って発表された作品群があります。それらは、当時雑誌に発表された後は、一度も単行本に収録されたことがなく、また、あくまでも雑誌用で高座にかけられたこともありません。

そこで、平成20年に初めての試みとして「弘法の灸」を上演し、好評を得ましたので、それ以降、毎年開催し、「花見どむらい」「ことわり屋」という吉川英治の作品を演じていただきました。

吉川英治が落語を書いたことは、ご存じない方がほとんどでしょう。
後の作品とは一味違う、若き日の吉川英治の隠れた一面に触れられるイベントです。

なお、演目は当日まで秘密とさせていただきます。

日時その他は以下の通りです。
受付開始は明日、3月1日です。

○日時:4月14日(日) 2時~4時(開場は1時30分)
○会場:吉川英治記念館 旧吉川英治邸母屋の座敷。
○定員:50人
○料金:2000円(入館料含みますので、館内の展示もご覧いただけます)
○申込み
・ハガキ=吉川英治記念館 〒198-0064 青梅市柚木町1‐101‐1
・ファックス=0428‐76‐1936
・メール=oubo-rakugo@mbn.nifty.com

上記のいずれかまで、「草思堂落語会参加希望」をタイトルに、参加希望者の住所・氏名を明記の上、お申し込み下さい。なお、希望者多数の場合は、抽選とさせていただきます。入場整理券を兼ねたハガキを4月8日までにお送りしますので、当選発表はその発送をもって代えさせていただきます。定員に達しない時は継続して受け付けますので、お問い合わせください。

○お問い合わせ
 吉川英治記念館 〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1 ℡0428-76-1575

柳家禽太夫プロフィール
昭和39年、神奈川県厚木市生まれ。本名・鈴木徳久。昭和58年、十代目柳家小三治に入門。同年、前座名「小のり」で初高座。62年、二つ目昇進。平成13年、師匠・小三治の命名による初代「禽太夫(きんだゆう)」で真打に昇進。「禽」の字は、明治時代に活躍した二代目柳家小さんの愛称「禽語楼」(小鳥が禽えずるように語ることから)にちなむもの。平成14年、第七回「林家彦六賞」受賞。

*備考)吉川英治原作の落語は、時代に合わせて表現を改める場合があります。

|

« 梅との別れ | トップページ | 梅の伐採予定日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅との別れ | トップページ | 梅の伐採予定日 »