« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月26日 (火)

涙雨

3月18日と25日の2日かけて、吉川英治記念館の敷地内の梅の伐採が終わりました。

いくつかのメディアに「夫婦梅」として取り上げられた吉川英治が愛した梅の木も、25日に伐採されました。

こちらが伐採前。

P3224352

これが今の姿です。

P3264548

今回伐採されたのは、敷地内にある83本の梅の木のうち34本ですから半分以上の木が残っているのですが、やはりこの梅の木は特別なものなので、失った梅の木の本数以上の空虚感があります。

ところで、メディアの取材が入る予定だったので、この木を伐り始める時間を25日の午前11時と決めていました。

そして、予定通りその時間に梅を伐採し始めた途端、突然強い雨が降ってきました。
それは、この2本の梅の木の伐採が終わるまで続いて、木を伐り終えたら、すっと止んでしまいました。

この日は朝からいつ雨が降ってもおかしくない空模様でしたが、しかし、その時まで雨は降っていませんでした。
そして、止んだ後も、結局、ほとんど雨は降りませんでした。
本当に木を伐っている時だけ、雨が降ったのです。

私は神仏も、霊魂も信じない人間ですが、これには≪涙雨≫という言葉が浮かんできました。

涙を流したのは、伐られた梅の木なのか、吉川英治なのか?

いずれにせよ、こうした辛い思いをするのは、これで最後になって欲しいと祈らずにはいられませんでした。

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

梅の見納め

いよいよ、吉川英治記念館の庭園内の梅の伐採が明後日に迫りました。

複数のメディアで取り上げられたので、そのことをご存知の方も多くいらっしゃいますが、情報というのは正確には伝わらないのが常というもので、もう既に伐採してしまったと勘違いされている方も少なくありません。

繰返しますが、伐採は明後日の25日です。
そして、25日は定休日ですので、一般の方に吉川英治が愛した紅梅白梅の木をご覧いただけるのは、明日が最後と言うことになります。

今年は開花し始めてから満開までのスピードが例年になく速かったため、満開のピークは過ぎてしまいましたが、昨日でこんな感じです。

P3224352

明日は是非、お別れにいらしてください。
お待ちしています。

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

梅の伐採予定日

3月3日付の東京新聞朝刊の一面に掲載されたり、3月5日のフジテレビ「スーパーニュース」に取り上げられたりしたおかげで、吉川英治が愛した梅の木が伐採されてしまうということを知った方からの問合せが増えました。

東京新聞に掲載された写真が、こちらから提供した満開時の写真だったので、既に満開になっていると誤解された方や、もう伐採されてしまったと勘違いされた方がいらっしゃるようです。

吉川英治が愛した紅梅白梅の木が伐採されるのは、3月25日(月)と決まりました。
伐採作業によって来館者の方に何かあるといけませんので、定休日を選んで伐採することになったので、この日付になりました。

また、現在の咲き具合はというと……

P3073412_2

今日現在、こんな感じで数輪ようやく花開いたという状態です。
白梅の方も同様です。

伐採直前の23・24日の土日がちょうど見頃になるのではないでしょうか。

そんな状態で木を伐ってしまうことには心が痛むのですが。

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »