« 梅の見納め | トップページ | 公益財団法人 »

2013年3月26日 (火)

涙雨

3月18日と25日の2日かけて、吉川英治記念館の敷地内の梅の伐採が終わりました。

いくつかのメディアに「夫婦梅」として取り上げられた吉川英治が愛した梅の木も、25日に伐採されました。

こちらが伐採前。

P3224352

これが今の姿です。

P3264548

今回伐採されたのは、敷地内にある83本の梅の木のうち34本ですから半分以上の木が残っているのですが、やはりこの梅の木は特別なものなので、失った梅の木の本数以上の空虚感があります。

ところで、メディアの取材が入る予定だったので、この木を伐り始める時間を25日の午前11時と決めていました。

そして、予定通りその時間に梅を伐採し始めた途端、突然強い雨が降ってきました。
それは、この2本の梅の木の伐採が終わるまで続いて、木を伐り終えたら、すっと止んでしまいました。

この日は朝からいつ雨が降ってもおかしくない空模様でしたが、しかし、その時まで雨は降っていませんでした。
そして、止んだ後も、結局、ほとんど雨は降りませんでした。
本当に木を伐っている時だけ、雨が降ったのです。

私は神仏も、霊魂も信じない人間ですが、これには≪涙雨≫という言葉が浮かんできました。

涙を流したのは、伐られた梅の木なのか、吉川英治なのか?

いずれにせよ、こうした辛い思いをするのは、これで最後になって欲しいと祈らずにはいられませんでした。

|

« 梅の見納め | トップページ | 公益財団法人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅の見納め | トップページ | 公益財団法人 »