« 「ことわり屋」と「にらみ返し」 | トップページ | 雪 »

2014年1月30日 (木)

人生のパスポート

私は別に“名言狩り”をしているわけではないのですが……

下記の言葉の出典を教えてほしいというメールをいただきました。

この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。

そう聞かれるからには、と思い検索してみると、web上に広く流布していました。

吉川英治はあいさつを大事にした人で、自分の子供たちにも朝夕のあいさつだけは厳しくしつけたというエピソードがありますから、吉川英治が口にしていても不思議はない言葉です。
先日の「人生列車」のこともありますから、人生を旅にたとえるのも類例があります。
しかし、いささか違和感があります。

何となく当たりをつけて探してみたところ、出典が見つかりました。

扇谷正造「君よ 朝の来ない夜はない」(1984年 講談社)の中に、『人生のパスポート』という項目がありました。
長くなりますが引用してみます。

さて、あいさつとお辞儀とは、どういう意味を持つか。
吉川さんによると、この人生は旅であるという。
しかし、その旅は、片道切符の旅である。行きはあるが帰りがない。オギャーと生まれたときが、人生という旅の始発駅であるならば、ウーンといって大往生を遂げるときは、人生という旅の終着駅である。
われわれは、この人生という旅において、さまざまな人と道中道連れになる。小学校、中学校、高等学校の友だち、勤め先の仲間、取引先の人々、隣近所の人々……。それらの中で、一番縁の深いのは、夫と妻という道連れである。これらの道中、道連れと人生という旅を仲よくスムーズにやっていくには、人生のパスポートが必要である。それがおじぎとあいさつである。
「扇谷君、ぼくの人生はあとわずかである。せめて生きているうちに、自分の愛する子どもたちに、目に見えない人生のパスポートをきちんと授けていこうと思っているんだ」と、しみじみいわれたことを思い出します。そして、それをそのまま、私は皆さんにお伝えいたします。

いかがでしょうか?

扇谷正造は、元『週刊朝日』編集長で、同誌に「新・平家物語」を連載した吉川英治とは交流がありました。
そして、この本は、扇谷が行なった講演をまとめたものです。

この文章の中で、吉川英治が語った言葉には、「 」がついています。
講演録ですから、後から校正してつけたものでしょう。
と言うことは、逆に言えば、その直前の部分は、吉川英治が語った言葉そのままではないということです。
「 」内も、聞いた言葉を書いたものですから、言い回しや用語など吉川英治の言葉そのままとはいかないでしょうが、その「 」すらつけていない部分は、推して知るべしでしょう。
つまり、吉川英治との会話の中で扇谷正造が受け取った言葉を、講演の聴衆に伝わりやすいようにアレンジしたものが、この『人生のパスポート』という文章である、と考えるべきなのだと思います。

吉川英治の精神を表しているけれども、吉川英治の言葉そのものではない、ということです。
しかも、流布している言葉は、それをさらにアレンジしていますから、さて、これは吉川英治の名言と言うべきなのか、はなはだ疑問です。

まあ、言わんとすることが伝わっていれば良いのだ、と言うならば、それまでですが。

|

« 「ことわり屋」と「にらみ返し」 | トップページ | 雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ことわり屋」と「にらみ返し」 | トップページ | 雪 »