« 雨を見くびるな | トップページ | 原作と映画 »

2014年6月15日 (日)

カニの図

月末に、「旧吉川英治邸を隅から隅まで見てみよう」というイベントをやります(申し訳ありませんがもう受付は締め切っています)。

その準備のため、母屋内を整理していたところ、いろんなものが見つかりました。

以前、こんな記事を書いたことがあります(これこれ)。

そこで話題にした丸木スマの「カニの図」と思われるものが出てきました。

Photo

吉川英治が赤松俊子からこの絵を贈られたのは昭和30年のことなので、現在記念館となっている吉野村の家から品川に転居した後のことです。
吉川英治はその後、さらに渋谷区松濤、港区赤坂に転居し、そこで亡くなります。
吉川英治の没後、残された夫人は、自分だけでは家が広すぎるということで、赤坂の家を手放します。

その間も、吉野村の家は吉川家の別宅として残っていましたので、度重なる転居の中で不要になったものや家に置ききれなくなったものを吉野村の家に送って、いわば倉庫代わりにしていました。
そんな中で、「カニの図」もこちらに送られ、様々なものの中に紛れてしまっていたようです。

ちょっと興味深い発見だったので、ご紹介してみました。


|

« 雨を見くびるな | トップページ | 原作と映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨を見くびるな | トップページ | 原作と映画 »