« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月29日 (水)

文学散歩のお知らせ

吉川英治記念館文学散歩「横浜山手に吉川英治のルーツを訪ねる」改めて開催いたします。

本年6月に吉川英治記念館文学散歩「横浜山手に吉川英治のルーツを訪ねる」を企画いたしましたが、残念ながら荒天のため中止となっってしまいました。
そこで、この企画を、日時を改めて開催することにいたしました。

内容は基本的に同じです。

6月にご応募いただいた皆様に、まずは優先的にご案内いたしましたが、定員には満たなかったので、改めて募集を行います。

皆さまのご参加をお待ちしております。


日時:12月6日(土)
日程:9時30分にJR根岸線山手駅前に集合し、徒歩にて馬の博物館・南京墓・蓮光寺などめぐり、13時頃にJR根岸線石川町駅前で解散します。
募集人数:15名
参加費用:800円(馬の博物館入館料込み)
お申込み方法:氏名・住所・電話番号・年齢を明記のうえ、普通葉書またはファックスで11月20日必着にてお申込みください。
申し込み先:
ファックス=0428-76-1936
郵送=〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1 吉川英治記念館

備考:
2名以上の場合は全応募者の氏名、年齢をご記入ください(住所・電話は代表者のみで結構です)。
応募者多数の場合は抽選になります。抽選となった場合にはご応募をいただきました皆さまに抽選結果をご連絡いたします。
参加費用は事前の振込になりますので、ご了承下さい。

注意:
全行程徒歩による文学散歩です。歩くことに自信のない方はご遠慮ください。

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

大沢在昌さんを囲むひととき、無事に終了しました

すっかり更新を怠っておりますが、先週末の25日、大沢在昌さんを囲むひとときが開催され、無事に終了しました。

141025

お話は、少年時代の読書から作家としての現在までをたどるような内容でしたが、話が上手で大変楽しい時間となりました。
生島治郎との間での“手紙”の話など、とても面白かったです。

今年の吉川英治文学賞受賞作である「海と月の迷路」について、多忙で時間がなかったということもあったけれど、舞台となった長崎県の端島=通称・軍艦島には取材に行っていない、資料だけで書いたという話がありました。
それを聞いて、そう言えば、吉川英治も「宮本武蔵」を書く際に宮本村には取材に行っていないということを思い出しました。

「経験しないと書けないというなら、時代小説なんかどうするんだ」とおっしゃっていましたが、作家の豊かな想像力はさすがですね。

さて、来年はどうなるでしょう。
いや、それより、再来年は吉川賞は50回になるので、そろそろ何か考えないと。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »