« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年11月30日 (日)

2014年の営業

ボーっとしているうちに、あまり更新しないままになってしまいましたが、本日11月30日で、吉川英治記念館の年内の営業は終了となります。
12月1日(月)から2月28日(土)まで、冬期休館となります。

年をとると時間がたつのが速いと言いますが、3ヶ月ごとに開館と休館を繰り返していると、それにさらに拍車がかかった感じがします。

ああ、やばい。

| | コメント (0)

2014年11月 8日 (土)

問い合わせメール

吉川英治記念館のウェブサイトをリニューアルした際に、メールフォームを新設したところ、いままでよりもお問い合わせのメールをいただくようになりました。

そんな中で、先日いただいたメールは、なんとスウェーデンからのメールでした。
スウェーデンの大学で日本文化を学ぶ学生の方で、達者な日本語でのメールでした。
というか、そうでないと読めません。
英語の試験結果が悪くて、大学院を落ちた男ですから。

それはそれとして驚いたのは、その内容で、吉川英治の小説「きつね雨」で論文を書きたいので、この作品の初出などを教えてほしいというものでした。

「宮本武蔵」ならばスウェーデンでも刊行されていますから、これで論文を書きたいという人がいても不思議はありませんが、「きつね雨」って。

一体どうしてこの作品の存在を知ったのか尋ねたところ、大学の東洋学科の図書館に「吉川英治全集」が備えられていて、それによって知ったとのことでした。

そうか、そういう需要がありうるんですね。

近年、亡くなった親の蔵書だった「吉川英治全集」を寄贈したいというお申し出がしばしばあるのですが、既に重複しているため、お断りせざるを得なくなってきています。

今度お申し出があったら、海外の大学の日本語学科に寄贈してみたらどうかと提案してみようかな。

……無理か(笑)

| | コメント (0)

2014年11月 7日 (金)

アートプログラム青梅「まなざしを織る」

明日から、アートプログラム青梅「まなざしを織る」、が始まります。
今年も会場を提供しています。
展示作家は塩野麻里、渋谷和良の二氏です。

お二人の作品については、またいずれ取り上げます。

また、これに関連して、11月23日にバイオリンコンサートを旧吉川英治邸母屋で行う予定ですが、詳細はまだ私も聞いていないので、これもいずれ。

なお、アートプログラム青梅の全体の会期は11月8日~12月7日となっていますが、当館に関しては開館期間の関係で11月30日までの会期となります。
ご了承ください。

ちなみに、昨年までは11月からは閉門16時、閉館16時30分としていましたので、閉門後になってから記念館にたどり着いて、結局展示が見られなかったという事例が散見されましたが、今年からは11月も16時30分閉門、17時閉館としましたので、少し時間に余裕ができました。
展示のある場所が多いので、うまく時間配分していただければと思います。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年2月 »