« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月10日 (火)

参加者募集 「旧吉川邸を隅から隅まで見てみよう」

昨年6月に開催して好評であった「旧吉川邸を隅から隅まで見てみよう」を、今年も開催いたします。

現在、吉川英治記念館の中心となっている旧吉川英治邸は、吉川英治の命日である英治忌(9月7日)にその一部を公開している他は、管理上の理由から原則立ち入り禁止としています。
その吉川英治邸の中を学芸員の説明付きで案内し、実際にそこで生活をしていた吉川英治長男の吉川英明(当館館長)による思い出話を聞くという企画です。
通常の来館者は立ち入り禁止の書斎や風呂場、そして2・3階部分も案内します。
昨年は、休館期間中に開催いたしましたが、今年はそれに加えて、開館期間中の3月にも実施します。
作家がどんな家に住み、そこでどう暮らしたか。そんなことに興味のある方は是非ご参加下さい。

ちょっとややこしいですが、開館期間中の3・4月に開催するA日程と、休館期間中の6・7月に開催するB日程があります。それぞれ、申し込みの締め切りが違うので、ご注意ください。

日時
A:3月28・29日/4月4・5日(土・日)
B:6月27・28日/7月4・5日(土・日)
各日10時30分からと14時からの二回。全体で1時間30分程度。

定員:各回15名

参加費用:600円
(ただしA日程の場合は開館期間中なので別途入館料が必要です。またB日程は参加費用のみですが、休館期間中なので展示室での展示は見られません)

お申込み方法:氏名・住所・電話番号・年齢を明記のうえ、普通葉書・ファックス・メールでお申込みください。
A日程の締め切りは3月20日、B日程の締め切りは5月20日です。

申し込み先
ファックス=0428-76-1936
葉書=〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1 吉川英治記念館
メール=renraku-yehm@mbr.nifty.com

備考:2名以上の場合は全応募者の氏名、年齢をご記入ください(住所・電話は代表者のみで結構です)。
応募者多数の場合は抽選になります。抽選となった場合にはご応募をいただきました皆さまに抽選結果をご連絡いたします。
A日程、B日程の範囲内で希望する日時を第三希望までお書きください。こちらで日程を調節させていただきます。

参加費用は当日頂戴します。

| | コメント (0)

2015年3月 6日 (金)

開館しています、そしてギャラリートークをやります

春の開館期間のスタートとなる3月1日に、野暮用で休んでいたので、お知らせが遅くなりました。

ちゃんと開館しています(笑)

春の開館期間は3月1日(日)~5月31日(日)です。

その間の常設展のテーマは「吉川英治と幕末維新」。
企画展は「雅号と落款――吉川英治の心を伝える小さな世界」。

もちろん、常設展のテーマは大河ドラマを意識していますが、なにか?

そして、ギャラリートークをやることになりました。

日時は3月7日・14日・21日の各土曜日、午後1時30分からです。

所要時間は、その場のノリで、1時間から1時間半程度です。

旧吉川邸を簡単にご紹介して(建物内部には入りません)、常設展と企画展について要点を解説いたします。

料金は入館料のみで、参加は自由です。

つまり、私が勝手に話していますので、途中から加わっても、逆に途中で離脱しても、ご自由に、というスタンスです。
お気軽にご参加ください。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »