« 平成27年度吉川英治賞贈呈式(2) | トップページ | 文机の話 »

2015年4月19日 (日)

景清

昨日は草思堂落語会を開催しました。

演目は、前座の柳家小はぜさんが「牛ほめ」。
柳家禽太夫師匠は、吉川英治原作の「弘法の灸」と古典の「景清」の二席。

「弘法の灸」はさておき(吉川英治記念館なのに 笑)、「景清」という噺について、落語会の後に調べてみたところ、ごく個人的に興味深いことがわかりました。

眼が見えなくなった彫師の定次郎が赤坂・圓通寺の日朝様に祈願に行くが、満願の21日目に、隣で同じように祈願していた若い娘に手を出してしまい、祈願がかなわなくなる。
それを、定次郎の腕を惜しむ石田の旦那にたしなめられ、あらためて上野の清水観音様に100日の祈願をすることになる。
その満願の100日目、一心に拝むも眼が見えるようにならないことに腹を立てて悪態をつく定次郎。
秘かに見守っていた石田の旦那がたしなめるが、この日のために苦しい生活の中から着物を仕立て、家で祝いの料理も準備して待っている老母の事を思うと、眼が明かぬままではとても帰れないと言う定次郎。
石田の旦那も同情し、お前たちの生活の面倒は見てやるから、もう100日祈願を続けるよう諭す。
その言葉に、とぼとぼと帰路に着く定次郎。
すると、突然の雷雨に見舞われ、定次郎は雷に打たれてしまう。
奇跡的に助かった定次郎、気がつくと目が見えるようになっていた。

という人情話が、「景清」です。

禽太夫師匠は、江戸落語としてこの「景清」を演じられたので、登場するのが江戸界隈の寺院ですが、元々は上方落語で、登場する寺院も違います。

最初に祈願が破れるのが柳谷観音で、最後の場面は「清水の舞台」で知られる清水寺です。

このうちの柳谷観音というのは、私の実家のある京都府長岡京市にある寺で、その寺の裏手にある霊園に私の両親の墓があるのです。
父親は今年1月に死んで、3月に納骨したばかりです。

禽太夫師匠は、当然、そんなことはご存知ないので、全くの偶然ですが、「景清」を検索して柳谷観音の文字が見えた時に、ちょっと驚きました。

妙なこともあるものです。

|

« 平成27年度吉川英治賞贈呈式(2) | トップページ | 文机の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成27年度吉川英治賞贈呈式(2) | トップページ | 文机の話 »