« 『草思堂だより』 | トップページ | スペイン語版「新・平家物語」 »

2015年9月24日 (木)

逢坂剛さんを囲むひととき

すでにサイトの方で告知していますが、10月17日(土)に「逢坂剛さんを囲むひととき」を開催します。

こちらをご覧ください。

このイベントは、その年の吉川英治文学賞受賞者を青梅の吉川英治記念館にお招きして、吉川英治が生活した母屋の座敷で、お話を伺うというものです。

ホールや教室のような場所とは違う、距離の近さが魅力です。
ぜひご参加ください。

ところで、上記リンク先で「逢坂さんは昨年吉川英治文化賞を受賞された挿絵画家の中一弥さんのご子息で、それぞれが別個に受賞された方としては初めての親子での吉川英治賞受賞になります」と書いています。

まわりくどい表現をしているのは、吉川英治文化賞の受賞者の中には、その業績に鑑みて親子で一緒に受賞されている方がいらっしゃるからです。

どのような方々がいらっしゃるかは、こちらをご覧ください。

ちなみに、中一弥さんと逢坂剛さんのようなパターンで、親子ではないけれど親戚という例があります。

昭和52年に雪崩の研究で文化賞を受賞された高橋喜平さんと、昭和61年の文学新人賞と平成12年の文学賞の受賞者である高橋克彦さんです。
このお二人はおじとおいの関係です。

今回のイベントとは関係ありませんが、トリビアとして。

|

« 『草思堂だより』 | トップページ | スペイン語版「新・平家物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『草思堂だより』 | トップページ | スペイン語版「新・平家物語」 »