« 逢坂剛さんを囲むひととき | トップページ | 募集継続中 »

2015年9月27日 (日)

スペイン語版「新・平家物語」

今日、来館したお客様の中に、ヨーロッパ系の外国人の方がいらっしゃいました。
たまたま、私がミュージアムショップにいる時に声をかけられたのですが、実はスペインの出版社の方で、昨年から「新・平家物語」のスペイン語版を刊行し始めたのだとか。
そして、これまた、たまたま吉川英明館長がその場にいたので、ご紹介したところ、驚き、かつ喜ばれて、その第1巻を持参しているということで、ご寄贈いただきました。

「新・平家物語」は吉川英治の作品では、最初に翻訳された作品ですが、その最初に翻訳された英語版は、まだ『週刊朝日』誌上に連載途中に刊行されたため、翻訳も途中までになっています。
その後出たフランス語版は、その英語版を底本にしているため、これまた途中までしか翻訳されていません。

しかし、彼らのスペイン語版は日本語から直接翻訳しているのだというのです。
無事に最後まで(全9巻の予定)刊行できれば、初めての完訳ということになります。

そうお教えしたら、「がんばります」との答えでした。

こちらとしても頑張ってほしいものです。

ちなみに、出版社名が“SATORI”。
本の表紙に印刷されている会社のロゴは漢字の「悟」。

うっかり、社名の由来を聞き忘れたのが、心残りです(笑)

|

« 逢坂剛さんを囲むひととき | トップページ | 募集継続中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逢坂剛さんを囲むひととき | トップページ | 募集継続中 »