« 募集継続中 | トップページ | 人工知能と学芸員 »

2015年10月31日 (土)

訃報・中一弥氏

昨年の吉川英治文化賞受賞者である中一弥氏がお亡くなりになりました。

ほんの2週間前に、当館で「吉川英治賞受賞作家を囲むひととき」でご講演いただいた逢坂剛氏の御父君でもあります。

逢坂氏の講演の際に、「中先生は吉川作品の挿絵も何作か担当されていますが、何か吉川英治の印象など話しておられませんでしたか?」という質問をしました。
「吉川さんの挿絵を描いていたのは知りませんでしたので、特に聞いたことはなかったですね」というお答えだったのですが、これで二度と聞く機会を逃したことになります。

ちなみに、中一弥が担当した連載挿絵は

「自雷也小僧」(昭和10~12年 小林秀恒と共同)
さむらい行儀」(昭和13年)
夕顔の門」(昭和13年)

の3作品です。

ご冥福をお祈りいたします。
長い年月お疲れ様でした。


|

« 募集継続中 | トップページ | 人工知能と学芸員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 募集継続中 | トップページ | 人工知能と学芸員 »