« 春の開館期間が始まりました | トップページ | 全国文学館協議会紀要 »

2016年4月 2日 (土)

名言集

本はできるだけ書店で買うようにしています。
特に目的もなく、何か面白そうな本がないかと書架を眺めているのは、とても楽しい時間です。

とは言え、特定の目的をもって本を探す時には、仮面ライダー……じゃない方のアマゾンは役に立ちます。
特に、吉川英治の著作権が切れてからは、吉川英治記念館にまで納本・献本してくれる出版社が減り、気が付かないうちに吉川英治の作品が本になっていたりするので、時々「吉川英治」で検索しています。
検索して吉川英治の作品が収録された本や、吉川英治に言及のある本が見つかると、購入するようにしています。

さて、先日検索した際に「日本人なら知っておきたい名言100」(木村進 2014年12月5日 総合法令出版)という本が引っ掛かってきました。
イヤな予感がしつつも購入してみました。

吉川英治の項目があり、そこには、こう書かれていました。

今度も立派に乗り越えてみせるぞ。
朝の来ない夜はないのだから。

「朝の来ない夜はない」というのは、吉川英治の座右銘で、作品にも登場する言葉ですが、吉川英治自身はこういう言い回しはしていない、と繰り返しこのブログで指摘してきたつもりですが、無駄な労力なのでしょうか。

ちなみに、宮本武蔵の項目もあって

私は、自分が選び、送ってきた人生を決して後悔しない。
とあります。 独行道の「我事において後悔をせず」の現代語訳ということなのでしょうね。 訳さない方がカッコいいように感じますが。

ま、そんな本でした。

もう名言集は買いたくない、と言いたいところですが、これもまた“吉川英治受容史”の一側面ということになるので、今後も買うことになるでしょう(苦笑)

|

« 春の開館期間が始まりました | トップページ | 全国文学館協議会紀要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の開館期間が始まりました | トップページ | 全国文学館協議会紀要 »