« 吉川英治と関東大震災 | トップページ | 浜っ子 »

2016年4月27日 (水)

震災と文学

ふと手に取った白井喬二の自伝「さらば富士に立つ影」(昭和58年 六興出版)に、こんな記述がありました。

父は地震が大きいと知ったとき、母との問わず語りですぐぼくの仕事のことを心配したそうだ。今後しごとが面倒になりはしないだろうかと云う心配だった。鶴子が母から聞いてぼくに伝えたから、ぼくも始めて「なるほど」と思った。まったく重大事である。東京が壊滅してしまえば再建までは仕事どころでないかも知れない。出版社も雑誌社も焼け、印刷工場も全滅状態だ。そうと分ったとき菊池寛が「東京の文化はこれで当分おしまい」と嘆じたことが伝わった。全文化人に衝撃を与えた。
(略)
三日目に春陽堂の木呂子という支配人がぼくをたずねて来た。足ごしらえをした姿で火事場の臭気が全身から発散していた。意外だったのは出版の話だった。木呂子支配人は出版は大丈夫だといった。こんな時こそ人は読み物を欲すると云う。「ないものねだりで、そこが出版のコツですよ」とも云った。聞いていると理路整然たるものである。あれこれ作品をえらんで出版を承諾した。これは木呂子支配人の予想があたったことが後日になって分った。火事場では金時計とバナナ二本と交換したなどという話もつたわったが、一方では心を満たす読書熱ももえたっているのだ。

以前、こんなことを書いたことがあります。

白井喬二は、ご存知の通り、日本の大衆文学の先駆者・創始者というべき作家です。

読者の方を向いて小説を書いている作家には、こういう局面にぶつかる機会が多いのかもしれません。

もちろん、木呂子支配人の発想は、あくまでも商売目線であり、その意味では“不謹慎”なものかもしれませんが、被災者が求めているものは何かを探し当てる嗅覚は確かだったということでしょう。

いわゆる“不謹慎狩り”に精を出している人たちにも、その嗅覚が備わっていれば、良かったのですが。

|

« 吉川英治と関東大震災 | トップページ | 浜っ子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉川英治と関東大震災 | トップページ | 浜っ子 »