« 『台湾日日新報』(4) | トップページ | 読者からの手紙とSNS »

2016年7月26日 (火)

GO

ポケモンGOが人気ですね。

しかし、あれは、どういうシステムでポケモンを出現させているのでしょうか。

ポケモンGOの日本での配信が始まってから、昨日、初めて都心に出かけたのですが、気になる場面がありました。

交差点でポケモンをゲットしようとしている人がいたので、肩越しに覗いてみたら、横断歩道上にポケモンが飛んでいました。
その時、信号は赤。
夢中になった子供が、そこに飛び出したら、どうなるのでしょうか。

渋谷の円山町と言えばラブホテル街で有名ですが、そこのラブホ前でゲットしてる人もいました。
ラブホからどんなポケモンが出て来たんでしょうねぇ(笑)
エンコーとか、フリンとか、コンド(自粛)

ポケモンは画面上のバーチャルな存在ですが、実際にその場所へ人が行くわけですから、それは現実世界の出来事です。
その場所の管理者や所有者に許可なく、ポケモンを発生させていいのでしょうか。
逆に、その場所のポケモンをゲットしたければ、金を払えとその場所の管理者が主張したら、どうするつもりなのでしょう?

出雲大社などが、ポケモンGO禁止を宣言していますが、そもそも運営会社が先に許可を取るなどして、出現する場所をある程度決めておくべきなのではないのでしょうか?

道路上には出現させないとか、一般に公開されていない私有地には出現させないとか、原則は必要だと思うのですが。

ストリートビューも、許可なく公開して、映し出されるのがイヤならそう言え、というスタンスですが、まだ、公益性があるから許せます。
ポケモンGOはただのゲームですからね。

私はガラケーユーザーなので、記念館にポケモンが発生するのかどうか、確認できずにいます。

今は休館中ですが、9月に開館した時、どうなるのか。
これから1ヶ月余りで、事態がどう推移するのか、注目しています。

|

« 『台湾日日新報』(4) | トップページ | 読者からの手紙とSNS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『台湾日日新報』(4) | トップページ | 読者からの手紙とSNS »