« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

夏季休館のお知らせ

吉川英治記念館は、下記の期間、休館といたします。

2016年6月1日(水)~8月31日(水)

2016年9月1日(木)から通常通り開館いたします。

休館期間中も職員は出勤しておりますが、電話に出られない場合がありますので、その場合は、吉川英治記念館サイトのメールフォームをご利用ください。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

なお、休館期間中、常にこのページがトップに来るよう、8月31日の日付になっております。
ご注意ください。

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

読者からの手紙とSNS

先日、吉川家から、片付けをしていたら大量に吉川英治(および吉川文子)あての書簡が出てきたので、そちらに送りますという連絡がありました。
大量と言っても大したことはあるまいと高をくくっていたら、段ボール箱3箱分の書簡が届きました。

とても短期間で整理できる量ではないので、後日精査する際の優先順位をつけるために、とりあえず差出人を、作家など著名人、編集者や親戚といった関係者、出版社や団体、一般読者といった感じで分けてみました。

時期的には昭和27~34年頃のもので、吉川英治没後の昭和40年代初めのもの(こちらは文子夫人宛)も多くあります。
最も多いのは一般読者からのもので、次いで関係者という感じ。
著名人のものも少なからず含まれていました。

この頃ペアを組んでいた画家の杉本健吉。
若いころ交流のあった川柳家の白石朝太郎・花又花酔・岸本水府。
意外な感じのする草野心平。

杉本苑子が弟子入りを志願する書簡が出てきたのは、ガッツポーズもの。
司馬遼太郎の巻紙の書簡と言うのは、珍しいんじゃないでしょうか。

当面の仕事をこなしたら、精査するのが、楽しみです。

ところで、著名人以外は関係者か一般読者かわからない人も多いので、中身を斜め読みしてみましたが、それはそれで興味深いものがありました。

この時期連載していた「新・平家物語」「私本太平記」の感想を述べるのは序の口。
というよりそれだけのものは、意外と数は少ない。
作中の間違いを指摘するもの、郷土史を研究している人や、自分の先祖が平家物語や太平記の時代に関係があるという人からの資料提供といったものが多い。

生活が困窮しているので、所蔵する骨董品や資料を売りたい、という申し出は、曲がりなりにも担保があるだけましな方で、留学費用を貸してくれなどという図々しいものも。

昔からの愛読者で、作品を人生の指針としてきたので、ぜひ色紙に何か揮毫して欲しい、というような申し込みが多数ありました。
驚くのが、実際に色紙を送られた人からの礼状があること。
つまり、申し込みのすべてに対応したのかはわかりませんが、ちゃんと送っていたんですね。

こういうものが人気作家のもとに殺到するということは、当時は作家の周りの人には自明のことだったでしょうが、一般の人の目には触れることはなかったはずです。
今は、それがSNSによって可視化・顕在化しているだけで、著名人にもの申したい人、好きだから自分の存在を知らしめたい人は半世紀以上前から沢山いたんだな、という感想を抱きます。

ちなみに、当時は個人情報の管理が緩くて、一般読者でもすぐに作家の住所を調べられたという側面がありますが、吉川英治くらいになると、そんなものは不要です。

港区青山墓地附近

という宛名で、ちゃんと届きます(笑)

去年の12月に青山墓地周辺で文学散歩をやりましたが、そこそこ離れてるんですけどねぇ。


| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »