« 吉川英治事典 | トップページ | 吉川英治の初恋 »

2016年9月29日 (木)

吉川英治の恋

この9月は天候も悪くて、来館者が激減してしまいました。

と嘆きつつ、そう言えば、いま何を展示しているかのPRをろくにしていないことに、いまさら気が付きました。

この秋の開館期間(9月1日~11月30日)の常設展の特集は2本立て。

「吉川作品の中の女性たち」と「吉川英治の恋」です。

このうち「吉川英治の恋」は、量的にはミニ展示というところですが、今までにない展示なので、ちょっとプッシュしてみます。

吉川英治については、作品中に漂う道徳性や倫理性、しばしばマスメディアにも取り上げられたその生活ぶりなどから、厳格な良き父、良き夫というイメージがあるのではないでしょうか。
同時代の純文学者たちが、赤裸々な恋愛模様を作品に反映させたり、むしろ作品以上な愛憎劇を実生活で見せたりしていたことに比べると、吉川英治のイメージは、クリーンなものです。

しかし、吉川英治とて、恋を知らぬ野暮な男ではありません。

自叙伝「忘れ残りの記」に書かれた淡い初恋。

川柳家時代に知り合い、最初の結婚をした赤沢やすとの関係。

随筆で、自ら「人生の転機」として告白した“津の守芸者”の一郎こと菊池慶子との逃避行。

そして、吉川英治に作家としての充実をもたらした、池戸文子との再婚。

現在では、吉川英治が二度の結婚をしていることや、婚外の恋愛騒動があったことはあまり知られていません。
そんな吉川英治の恋愛について触れることで、人間的な一面ご紹介することができるのではないかと思います。

明日以降、上記の4つの恋愛の話題を順番に紹介していこうと思います。

|

« 吉川英治事典 | トップページ | 吉川英治の初恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉川英治事典 | トップページ | 吉川英治の初恋 »