« 紅葉ライトアップ | トップページ | お電話へのお答え »

2016年11月 3日 (木)

梅の写真展

ところで、例年会場を提供してきた青梅アートジャムですが、今回は要望がなかったので、会場とはなっていません。

青梅アートジャムの今回のテーマは「梅に捧げる」というものです。
9月17日から11月13日までという長い会期の中で、青梅市立美術館でのメイン展示と並行して、青梅市立美術館市民ギャラリーを使って、10日間程度の企画も行うという構成になっています。

その企画の最後のものとして、本日から11月13日(日)まで「梅の小品展・梅の写真展・ワークショップ作品展」が開催されます。
で、この「梅の写真展」ですが、一般に対して写真を募集していましたので、私も応募してみました。

かつて、吉川英治記念館の庭園を彩っていた梅。
プラム・ポックス・ウィルス対策のため、1本残らず伐採されてしまった梅。

記念館に勤め始めてから、折に触れて撮りためておいたそれらの梅の写真を、この機会に皆様に見ていただきたいと思い、応募してみたところ、青梅アートジャム事務局から展示しますという連絡をいただきました。

というわけで、私の素人写真が、いま青梅市立美術館市民ギャラリーに飾られています。
こんなことでもないと、アーティストでもない私の写真が美術館に展示されることなどありえません。

すごいね(笑)

ただ、見ていただきたいのは、かつての梅に囲まれた吉川英治記念館の姿です。

先日、限定的に梅の再植樹が許可され、“青梅市梅の公園”などに、来春までに梅が新たに植えられることが決まりました。
ただ、許可されたのは青梅市梅郷・和田町の両地区のみ。
吉川英治記念館のある柚木町は、今回の許可地域に含まれていません。
いつならば再植樹が許されるのかの目途も立っていません。

せめて、かつての姿を見ていただいて、いつかまた梅に埋め尽くされる日に思いを馳せていただけたらと思っています。

ということなので、写真の良し悪しは問わないで下さいね(苦笑)

厚かましくも12枚も送りつけたのですが、そのうちの1枚をここで。
プラム・ポックス・ウィルス対策で、最初に伐採された紅梅の花びらが、地面に散っているさまです。

P3184191mini


|

« 紅葉ライトアップ | トップページ | お電話へのお答え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉ライトアップ | トップページ | お電話へのお答え »