« ライトアップ | トップページ | Samurai Movies »

2016年12月17日 (土)

墨田電話局慰霊碑

去る12月3日に文学散歩を行いました。

その立寄り先の一つが墨田電話局慰霊碑だったのですが、これについて調べ直しているうちに、自分がとんだ勘違いをしていたことに気が付きました。

どう勘違いしていたかは、まずこちらをお読みください。

その上で、改めて、この慰霊碑について書いてみます。

昭和20年(1945)3月10日未明、深川・本所・日本橋・浅草地区を中心に東京都心部の広範囲に対して空襲が行われました。
世界の空襲の中でも突出した死亡者数を数えた東京大空襲です。
その際に、墨田電話局も被災し全焼しましたが、職員はぎりぎりのところまで職場にとどまったため、男性職員3名、女性交換手28名が死亡しました。
交換手たちは、最後までブレストとよばれる受話器を身に着けたまま亡くなったと言われています。

同電話局では、大正12年(1923)の関東大震災の際にも、男性職員2名が犠牲となっていたため、この両者の慰霊と、悲劇の二度と起こらないことを祈願するため、墨田電話局の復興開局に合わせ、慰霊碑を建立することになりました。

吉川英治は、この東京大空襲で最初の妻・赤沢やすとの結婚時代に引き取った養女・園子を失っています。
女子挺身隊として動員されていた園子は、やすと共に都心に残っていました。
最後に確認されたのは、当時住んでいた浅草の自宅で、外出していたやすの帰宅を待つ姿でした。
そのまま園子は行方不明となり、ついにその消息は分かりませんでした。

吉川英治は、園子行方不明の連絡を受け、当時住んでいた吉野村(現吉川英治記念館)から連日上京して、園子の消息を訪ね歩きました。

その時のことを、梶井剛元電電公社総裁との対談(『電信電話』昭和32年6月号)で触れています。
園子を探し歩いてくたくたになった後、親交のあった秋山徳三の家に立ち寄ったところ、そこに来合わせた人物から墨田電話局の悲劇を聞かされたと言います。
そして、こう語っています。

それをききましてぼくは、ああ、そんなにまで純真なおとめたちがあったのに、ぼくの養女一人がみえなくなったからっていって、そう途方にくれたように幾日も探し歩いてもしようがない、たくさん、日本のいい娘たちが、そうして亡くなったんだから……と思って、ぼくもそこですっかりあきらめて、ついにその晩雪のなかを奥多摩へ帰ったことがありました。その話を、ぼくはいつまでも忘れかねるんですね。

吉川英治は、この対談が縁となって、昭和33年(1958)3月10日に行われた慰霊碑の除幕式に招かれます。

当時の吉川英治の秘書の日誌によると除幕式の3日後、電電公社の職員が来訪し、慰霊碑のそばに設置する由緒を記した碑文の撰文と揮毫を依頼します。
この日誌からは、依頼を受けた吉川英治が、半月以上の時間をかけて、何度も書き直して碑文を完成させたことが窺えます。

それが、以下の碑文です。

春秋の歩み文化の進展は その早さその恩恵に馴るゝ侭
つい吾人をして 過去の尊いものをも忘れしむる
こゝ百尺の浄地ハ 大正十二年九月一日関東大震災
殉職者二名と また過ぐる昭和二十年三月九日夜半
における大戦の大空襲下に 国を愛する清純と自
らの使命の為 ブレストも身に離たず 劫火のうち
に相擁して仆れた主事以下の男職員三名 ならびに
女子交換手二十八名が その崇高な殉職の死を 永遠と
なした跡である
当時の墨田分局 いま復興を一新して その竣工の慶を
茲に見るの日 想いをまた春草の下に垂れて かっての
可憐なる処女らや ほか諸霊にたいし 痛惜の
悼みを新にそゝがずにいられない
人々よ 日常機縁の間に ふとここに佇む折もあ
らば また何とぞ 一顧の歴史と 寸時の祈念
とを惜しませ給うな        吉川英治 謹選

ちなみに、リンク先のものは碑文の下書き。
完成したものとは骨格は同じながら、かなり異なることがわかります。
何度も書き直した跡がうかがえます。

それだけ、この碑文には思いがこもっているということでしょう。


|

« ライトアップ | トップページ | Samurai Movies »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ライトアップ | トップページ | Samurai Movies »