« 文学散歩参加者募集中 | トップページ | 夏の休館期間 »

2017年6月21日 (水)

杉本苑子さん

少し日が経ってしまいましたが、杉本苑子さんがお亡くなりになりました。

杉本苑子さんは大正14(1925)年6月26日に、現在の新宿区若松町に生まれ、戦時下に千代田女子専門学校に入学。戦後の昭和22(1947)年に同校を中退して文化学院に入学、24(1949)年に卒業しますが、その卒業論文のテーマは世阿弥でした。
その世阿弥を描いた小説「申楽新記」で、昭和26(1951)年に『サンデー毎日』百万円懸賞小説に佳作入選。
翌27(1952)年には、第42回『サンデー毎日』懸賞小説に「燐の譜」で入選。
これを機に、懸賞小説の選者であった吉川英治に師事することを希望し、その想いを書簡に認め、吉川英治に送ります。
その真摯な気持ちを汲み取った吉川英治は、以後10年間は勉強に専念し、その間は決して作品を商業誌に売らないことを厳命したうえで、彼女の希望を受け入れます。
杉本苑子さんは、吉川英治の言い付けを守り、10年間研鑽に励み、ようやく昭和36(1961)年に「柿の木の下」を『別冊週刊朝日』に発表します。もちろん、吉川英治の紹介によるものです。
そして同年7月、処女短編集「船と将軍」を刊行します。
しかし、翌37(1962)年9月7日、吉川英治は世を去ります。
杉本苑子さんは、その翌38(1963)年に「孤愁の岸」で第48回直木賞を受賞。
以後、時代小説界の第一人者として活躍されました。
昭和53(1978)年には、「滝沢馬琴」で第12回吉川英治文学賞も受賞されています。

私個人は、平成12(2000)年に吉川英治記念館で開催した特別展「太平記をめぐって――杉本苑子と吉川英治」の際に、資料の借用と返却のためにご自宅に伺った時と、この特別展にちなんだ講演会「女性の底力」を東京朝日会館大ホールで開催した際に、お目にかかりました。

吉川英治未亡人の文子夫人とは年齢が近く、親しくされていたのですが、その文子夫人が平成18(2006)年に亡くなった際、館報『草思堂だより』に追悼文をご寄稿いただいた時に電話でお話ししたのが、私にとってはお声を聞いた最後となりました。

その頃から体調を悪くしておられたので、その後どうしておられるか、気になっていたのですが、久しぶりの近況が訃報となってしまいました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

|

« 文学散歩参加者募集中 | トップページ | 夏の休館期間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文学散歩参加者募集中 | トップページ | 夏の休館期間 »