« 2017年9月 | トップページ

2017年11月 3日 (金)

冬の文学散歩、参加者募集中

よそのお知らせをしたので、今度は自分のところの企画のお知らせをします。

文学散歩「吉川文学の原点 上野」を開催します。

関東大震災を経験した吉川英治が作家となる決意を固めた上野公園周辺を歩きます。

吉川英治は関東大震災を機に、作家となる決意をしました。吉川英治にその決意をさせた場所が、上野公園でした。
また、上野周辺には、吉川英治と親交のあった横山大観、朝倉文雄の記念館があります。
これらの場所を巡りながら、あわせて、吉川英治が作家となる前の青年時代に住んだ旧下谷西町や吉川英治以外の作家の痕跡も訪ねます。
興味のある方は、ぜひご応募ください。

予定コース
朝倉彫塑館⇒国際こども図書館⇒上野東照宮⇒横山大観記念館⇒旧下谷西町(吉川英治旧居跡)⇒旧北三筋町(吉川英治旧宅跡)⇒旧栄久町(吉川英治旧宅跡)

〈 応 募 要 項 〉
日時
平成29年12月2日(土)  9時にJR日暮里駅改札前集合 13時頃都営浅草線蔵前駅前で解散

参加費用
2500円(朝倉彫塑館の入館料500円、横山大観記念館の入館料800円を含む)

定員
20名(応募多数の場合は抽選)

申込方法
下記申し込み先に、「文学散歩参加希望」と明記し、お申込み下さい。
電話申込みは受け付けていません。
抽選結果は応募者全員に郵送で通知いたしますので、お申込みに際しては住所・氏名・電話番号を明記して下さい。
リクリエーション保険に加入しますので、年齢を明記してください。
2名以上の場合は全応募者の氏名、年齢をご記入ください(住所・電話は代表者のみで結構です)。

受付期間
平成29年11月18日(土)まで

申込先
ファックス=0428-76-1936
郵送=吉川英治記念館(〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1)
メール=renraku-yehm@mbr.nifty.com

問合せ先
吉川英治記念館 電話0428-76-1575

備考
参加費用は事前の振込となります。ご了承ください。

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

いろいろお知らせ

しばらく更新を怠っている間に、吉川英治に関わる色々な催し物が各地で開催されています。

いずれも、当館が直接関わっているものではありませんが、開催中のもの、これから開催されるもの、合わせてご紹介します。

◎おばあちゃん画家の夢 丸木スマ展
9月9日~11月18日 原爆の図丸木美術館

かつてこんな記事を書きました。

「丸木俊」
「丸木俊・追記」
「カニの図」

そこで触れた丸木俊「カニの図」が展示されています。

公式ページはこちら

◎英字新聞が伝えた「日本」 ジャパンタイムズ120年のあゆみ
10月7日~12月24日 ニュースパーク(日本新聞博物館)

現在、吉川英治記念館では秋の特集として「吉川英治の翻訳小説」という展示を行っていますが、その中心に置いているのが、戦前の『ジャパンタイムズ』に、吉川英治の作品が複数、翻訳掲載されていたという新発見の事実です。
この展覧会では、『ジャパンタイムズ』の120年の歴史の中の一断面として、吉川英治の作品の翻訳という出来事も取り上げられています。

公式ページはこちら

◎吉備路の作家と時代小説11人展
11月7日~2018年2月4日 吉備路文学館

「生誕100年 柴田錬三郎展」の併催企画として開催されている展覧会で、11人の中に吉川英治が含まれています。

まだ展覧会情報が更新されていないようですが、公式ページはこちら

◎座談会「菊池寛と親友作家の家族」
11月23日 サンポートホール高松

菊池寛記念館主催のイベントに、当館館長の吉川英明が出席します。

詳しくはこちら

◎THE ILLUSTRATOR 生頼範義展
2018年1月6日~2月6日 上野の森美術館

イラストレーターの生頼範義は、吉川作品の単行本の表紙絵や挿絵も多数手がけています。
その一部が、この展覧会に出品される予定です。

公式ページはこちら

以上、ご興味のある方は是非お運びください。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ