« 「吉川英治小説作品目録 増補改訂版」 | トップページ | 吉川英治記念館の4月以降の開館日について(再掲) »

2018年3月24日 (土)

絶筆「新・水滸伝」

では改めて、「最終回から見た吉川英治作品」に関連したお話しを。

昭和36年、吉川英治は二つの連載小説を執筆していました。
「新・水滸伝」(雑誌『日本』昭和33年1月号~)と「私本太平記」(『毎日新聞』昭和33年1月18日~)です。

人間はなぜ争うのか、人間の幸せとは何かを追求した「新・平家物語」に引き続き、人間を惑わせる権力の魔力とは何かを描こうとした「私本太平記」と、中国の古典として親しまれてきた活劇である「新・水滸伝」では、作品の性格が随分異なります。しかし、吉川英治にとっては、書き進むほどに人間の暗部へと入り込んでいかざるを得ない「私本太平記」と娯楽的な「新・水滸伝」を並行することが、気持ちを切り替え、心のバランスをとることにもなっていたようです。

この年の夏、体調を崩した吉川英治は、診察の結果、肺ガンと判明しますが、告知されなかったこともあり、「私本太平記」を書き終えるまではと、入院を拒みます。

「私本太平記」最終回の原稿は9月27日に軽井沢の別荘で書き上げ、すぐに毎日新聞の担当者に手渡されました(掲載は10月13日)。
2日後に軽井沢から赤坂の自宅に戻ると、さらに入院を延期して「新・水滸伝」の執筆にとりかかります。
10月2日の午前中に書き上げた原稿は、通常の1号分の原稿のおよそ半分である23枚で、末尾には読者へのお詫びが書かれていました。

「余儀なく今月は短章に終る。読者諸子の御寛恕を乞ふ。 作者」

その日の午後になって、ようやく入院した吉川英治でしたが、中途半端に終わった「新・水滸伝」の続きを気にして、病院を抜け出そうとします。
そこで妻の文子が苦渋の想いで肺ガンであることを打ち明けたことで、吉川英治は思いとどまり、手術を受け、療養することになります。
吉川英治はそのまま、この年の大晦日まで入院します。

その間に、入院前に書いた「新・水滸伝」第48回がが掲載された『日本』昭和36年12月号が発行されます。

大晦日に、半ば強引に退院した吉川英治は、明けて昭和37年は、自宅で療養を続けますが、「新・水滸伝」の続きを書くことはありませんでした。

昭和37年7月19日に再入院した吉川英治は、9月7日に世を去ります。

かくして「新・水滸伝」は、そのまま絶筆となりました。

|

« 「吉川英治小説作品目録 増補改訂版」 | トップページ | 吉川英治記念館の4月以降の開館日について(再掲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「吉川英治小説作品目録 増補改訂版」 | トップページ | 吉川英治記念館の4月以降の開館日について(再掲) »