« 足利紀行―その2 | トップページ | 文学効能事典 »

2018年4月 8日 (日)

足利紀行―その3

さて、緑町配水池のあるのは小高い丘の上ですが、その丘を渡良瀬川方向に降りたところに草雲美術館があります。

P4022426

ここは、南画家・田崎草雲の作品を展示している美術館です。
田崎草雲は、足利藩の江戸藩邸で文化12年(1815)に生まれ、明治31年に足利で84年の生涯を閉じました。

吉川英治にはこの田崎草雲を主人公とした「田崎草雲とその子」(別題「田崎草雲とその妻」)という短編作品があります(『文藝春秋』昭和7年夏季増刊号掲載)。

江戸で貧しい絵師をしていた時代を中心に、草雲の生い立ちや同時代の文化人との交流などを描いていますが、肝となるのは、貧しい時代を共に耐えてきた妻の菊が、発狂して死に至るエピソードと、尊王の志を持つ草雲が足利藩内の意志を勤王に統一していく一方で、草雲の息子の恪太郎が佐幕に走り、維新を迎えて自害して果てるエピソードです。

ちなみに、『文藝春秋』掲載時の挿絵は田崎草雲の弟子である小室翆雲が描いています。

その田崎草雲が、明治11年から暮らしたのが白石山房でした。

草雲美術館、足利市在住の鈴木栄太郎が、昭和43年に私費を投じて、その白石山房の敷地に建設し、足利市に寄付したものです。

吉川英治は、美術館になる前の白石山房を訪ねたことになります。
その写真がこちら。

580221_5

実は、私が訪ねたのは定休日の月曜だったので、外からしか眺められず、同じアングルからは写真が撮れませんでしたが、裏から見るとこんな感じでした。

P4022396

そして、最後に向ったのは、足利市の超有名スポット、渡良瀬橋です。

吉川英治が訪れた時の写真を見ると、トラスの終りから橋の欄干の終りまでの間に、少し間があります。このことから、これが橋の南詰であることがわかります。
つまり、市街地の対岸から足利の地を眺めたということです。

580221_7

今は橋の上流側に人道橋が設置され、車と人は分けられています。

P4022455

P4022464

これで、私の足利市滞在時間は、およそ4時間。
吉川英治も、大体この程度の滞在時間だったはず。
もっとも、私は徒歩で、吉川英治は車だったので、もう少し時間に余裕はあったと思いますが。

これで、吉川英治の短時間の足利視察に合わせた(?)、私の足利紀行も終わります。

|

« 足利紀行―その2 | トップページ | 文学効能事典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足利紀行―その2 | トップページ | 文学効能事典 »