« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月20日 (水)

念押しの告知

7月は、文学散歩、文学講座、「旧吉川英治邸を隅から隅まで見てみよう」という3つのイベントを開催します。

幸い、「隅から隅まで……」については、新聞に記事が掲載されたおかげで、順調に応募が集っていますが、他の2つのイベントについては、想定している最少の実施人数に達していません。

募集の締切も近いので、再度告知します。

まず、文学散歩ですが、今回は文学散歩リバイバルと称して、過去に実施した青梅市内での文学散歩を再構成して、改めて青梅市内の吉川英治の痕跡をたどります。

解説する地点は、JR青梅線二俣尾駅、奥多摩橋、吉川英治記念館、吉野公民館跡、万年橋碑、宗建寺などです。

詳しくはこちらをご覧ください。
締切は6月25日です。

次に文学講座ですが、テーマは「趣味の吉川英治」。

全3回ですが、3人の講師が異なる内容の話をします。

「三国志とお茶」(講師:前吉川英治記念館学芸員・城塚朋和)

「競馬を愛した吉川英治」(講師:吉川英治記念館館長、吉川英治長男・吉川英明)

「健康マニアで将棋が弱い?」(講師:吉川英治記念館学芸員・片岡元雄)

というタイトルになっています。
現在開催中の「吉川英治の見た戦争」よりは気軽な内容になっています。

詳しい内容はこちらをどうぞ。

こちらの締切は6月30日です。

ご興味のある方はぜひご参加ください。

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

旧吉川邸を隅から隅まで見てみよう」

そして、もう一つ、6月7月と連続して行うのが「旧吉川邸を隅から隅まで見てみよう」というイベント。

現在記念館となっている吉野村の吉川英治邸の母屋を、1階から3階まですべてお見せします。
書斎の中にも入れます。

もうすでに何回も行っていますが、1回の定員は15名と少なく、滅多にない機会でもあります。

6月分は既に締切っていますが、7月分は只今募集中です。

ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

文学講座

今週末から連続3回の文学講座「吉川英治の見た戦争」というのを開催します。

こういう形での文学講座は、初めての開催となります。
記念館が存続できるかどうかの瀬戸際という時になって初めて開催するというのも、遅きに失した感はありますが。

これはもう応募を締め切っていますが、7月にも文学講座を開きます。
テーマは「趣味の吉川英治」。

3人の講師で、それぞれ「三国志とお茶」、「競馬を愛した吉川英治」、「健康マニアで将棋が弱い?」というタイトルで1時間話します。

詳しい内容はこちらをどうぞ。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

7月の文学散歩

つい先週の土曜日に、文学散歩を実施しました。

暑い中を、そこそこ長い距離、ひたすら徒歩という苦行を参加者の方には課してしまいましたが、その苦行以上のものを提供できたかどうか?

さて、実は7月にも文学散歩を開催します。

今までになく短いインターバルでの開催ですが、何しろ開館日数が大幅に減ってしまいましたので、せめて、イベントを増やさないと申し訳ないという、何というか、罪滅ぼしという感覚と言えばいいでしょうか。

今回は文学散歩リバイバルと称して、過去に2回実施した(計画だけなら4回計画した)青梅市内での文学散歩を再構成して、改めて青梅市内の吉川英治の痕跡をたどります。

詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »