« 酒井和嘉子二胡演奏会を開催します | トップページ | 宝塚 »

2018年9月21日 (金)

東京アドベンチャーライン

先日、都心に出掛けようとしたら、JR青梅線が止まっていました。
原因は、電車と鹿が衝突したこと。

自然が豊かであることと表裏一体の、惨事です。

ところで、先日、JR東日本の今年のキャンペーンが「東京アドベンチャー、青梅線。」で、キャッチフレーズは「この夏は水と緑あふれる「青梅線」へ~青梅線に自然を探しに行こう!~」だとご紹介しましたが、なんと、先日、JR東日本が発表したリリースによると、青梅線の青梅―奥多摩間の愛称を「東京アドベンチャーライン」にするのだとか。

併せて、色々なキャンペーンも行われるようなので、この地域の観光に関わって来た者としては、ありがたいと言えば、ありがたい話です。

でも、沿線住民としては、そこじゃない感が。

昼間、電車の本数を45分に1本という間隔に減便したのを、せめて以前の30分に1本にして欲しい、というのが切実な願いです。

しかし、実際には、さらに1時間に1本に減らすという噂も耳にします。

通勤・通学の利用者と、登山などのアウトドアレジャーに出掛ける人が利用する早朝と、その人達が帰宅する夕方以降については充実させるが、昼間は出来るだけ減らすという方針は、博物館・美術館といった、その昼間の時間に人に来て欲しい立場からは、最悪な話です。

とは言え、利用者の多いところに力を入れ、そうでないところからは力を抜くのは、経営としては正しいのでしょうから、まあ、そこは良いとしましょう。

ああ、アーバンパークラインを残念な名称だと思っていたのに、もっと残念な名前になっちゃったよorz

|

« 酒井和嘉子二胡演奏会を開催します | トップページ | 宝塚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒井和嘉子二胡演奏会を開催します | トップページ | 宝塚 »