« 宝塚 | トップページ | 吉川英治記念館の平成30年度の開館について »

2018年10月13日 (土)

イノシシ

本日、午前10時30分頃に、記念館の庭園内にイノシシが出現しました。

最近、朝出勤すると動物のフンが庭内のあちらこちらに落ちていることがしばしばだったので、イノシシが来てるんじゃないかと疑っていましたが、よもや白昼堂々と出現するとは。

来館者に何かあってはいけないので、市役所に電話をしたところ、地元の猟友会に連絡をしてくれました。
猟友会の会員が来てくれることになったのですが、その間に、たまたま作業に入っていた植木屋が、うまく庭外に追い出してくれました。

そのタイミングで、本日最初の来館者が。

「さっきイノシシが出たので気を付けてください」などと声をかけていたら、ガサッと音がしたので、振り向くと、イノシシが舞い戻っていました。
お客さんには屋内に入ってもらい、さてどうしようと思っているところへ猟友会の会員が到着。

追い出しても戻ってくるようでは仕方がないので、やむなく庭内で射殺することになりました。

3歳くらいの牝でした。
子供を産んでいたら、その子供がまた侵入する可能性があるとか。

むやみに殺したくはないので、そうはならないといいのですが。

イノシシそのものが増加しているということが背景にあるのでしょうが、今回のことの原因のひとつは、記念館が営業を縮小したこともあるのだろうと思います。

年に6ヶ月間、しかもそのうち金・土・日曜だけの開館という状態で、休館日は植木屋が入っている時以外は、庭園内にはほとんど人の気配がありません。
そして、一旦入り込んでしまえば、逆に人間は入ってこないので、動物としては安心して過ごせるでしょう。

かつての来館者が多くて賑やかだった頃なら、こんなことにはならなかったでしょう。

いろいろと残念な出来事でした。

それにしても、初めて銃の発砲音を生で聴きましたが、驚きますね。

|

« 宝塚 | トップページ | 吉川英治記念館の平成30年度の開館について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝塚 | トップページ | 吉川英治記念館の平成30年度の開館について »