2017年11月 3日 (金)

冬の文学散歩、参加者募集中

よそのお知らせをしたので、今度は自分のところの企画のお知らせをします。

文学散歩「吉川文学の原点 上野」を開催します。

関東大震災を経験した吉川英治が作家となる決意を固めた上野公園周辺を歩きます。

吉川英治は関東大震災を機に、作家となる決意をしました。吉川英治にその決意をさせた場所が、上野公園でした。
また、上野周辺には、吉川英治と親交のあった横山大観、朝倉文雄の記念館があります。
これらの場所を巡りながら、あわせて、吉川英治が作家となる前の青年時代に住んだ旧下谷西町や吉川英治以外の作家の痕跡も訪ねます。
興味のある方は、ぜひご応募ください。

予定コース
朝倉彫塑館⇒国際こども図書館⇒上野東照宮⇒横山大観記念館⇒旧下谷西町(吉川英治旧居跡)⇒旧北三筋町(吉川英治旧宅跡)⇒旧栄久町(吉川英治旧宅跡)

〈 応 募 要 項 〉
日時
平成29年12月2日(土)  9時にJR日暮里駅改札前集合 13時頃都営浅草線蔵前駅前で解散

参加費用
2500円(朝倉彫塑館の入館料500円、横山大観記念館の入館料800円を含む)

定員
20名(応募多数の場合は抽選)

申込方法
下記申し込み先に、「文学散歩参加希望」と明記し、お申込み下さい。
電話申込みは受け付けていません。
抽選結果は応募者全員に郵送で通知いたしますので、お申込みに際しては住所・氏名・電話番号を明記して下さい。
リクリエーション保険に加入しますので、年齢を明記してください。
2名以上の場合は全応募者の氏名、年齢をご記入ください(住所・電話は代表者のみで結構です)。

受付期間
平成29年11月18日(土)まで

申込先
ファックス=0428-76-1936
郵送=吉川英治記念館(〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1)
メール=renraku-yehm@mbr.nifty.com

問合せ先
吉川英治記念館 電話0428-76-1575

備考
参加費用は事前の振込となります。ご了承ください。

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

いろいろお知らせ

しばらく更新を怠っている間に、吉川英治に関わる色々な催し物が各地で開催されています。

いずれも、当館が直接関わっているものではありませんが、開催中のもの、これから開催されるもの、合わせてご紹介します。

◎おばあちゃん画家の夢 丸木スマ展
9月9日~11月18日 原爆の図丸木美術館

かつてこんな記事を書きました。

「丸木俊」
「丸木俊・追記」
「カニの図」

そこで触れた丸木俊「カニの図」が展示されています。

公式ページはこちら

◎英字新聞が伝えた「日本」 ジャパンタイムズ120年のあゆみ
10月7日~12月24日 ニュースパーク(日本新聞博物館)

現在、吉川英治記念館では秋の特集として「吉川英治の翻訳小説」という展示を行っていますが、その中心に置いているのが、戦前の『ジャパンタイムズ』に、吉川英治の作品が複数、翻訳掲載されていたという新発見の事実です。
この展覧会では、『ジャパンタイムズ』の120年の歴史の中の一断面として、吉川英治の作品の翻訳という出来事も取り上げられています。

公式ページはこちら

◎吉備路の作家と時代小説11人展
11月7日~2018年2月4日 吉備路文学館

「生誕100年 柴田錬三郎展」の併催企画として開催されている展覧会で、11人の中に吉川英治が含まれています。

まだ展覧会情報が更新されていないようですが、公式ページはこちら

◎座談会「菊池寛と親友作家の家族」
11月23日 サンポートホール高松

菊池寛記念館主催のイベントに、当館館長の吉川英明が出席します。

詳しくはこちら

◎THE ILLUSTRATOR 生頼範義展
2018年1月6日~2月6日 上野の森美術館

イラストレーターの生頼範義は、吉川作品の単行本の表紙絵や挿絵も多数手がけています。
その一部が、この展覧会に出品される予定です。

公式ページはこちら

以上、ご興味のある方は是非お運びください。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

酒井和嘉子二胡演奏会を開催します

この秋、草思堂母屋を会場にして、二胡演奏家の酒井和嘉子さんの演奏会を行います。

競演は揚琴の張林さんです。

開催は10月14日です。

二胡、揚琴は中国楽器ですので、吉川英治の人気作でもある「三国志」「水滸伝」に関連する曲などを演じていただきます。

演者のプロフィールや申し込み方法などの詳細はこちらをご覧ください。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

文学散歩参加者募集中

恒例となっている吉川英治記念館文学散歩ですが、今回のテーマは「吉川英治と関東大震災 向島編」です。

前回の文学散歩では、吉川英治が上京して初めて暮らした地であり、震災と戦災の記憶の残る両国周辺を歩きました。しかし、実際に吉川英治が震災当時に暮らした家は向島にありました。
また、その家の近くにある向島百花園は、作家以前の吉川英治が執筆したある小説の重要な舞台となった場所です。
今回は、吉川英治以外にも、多くの作家の痕跡が残る向島周辺を歩きます。
興味のある方は、ぜひご応募ください。

開催日は7月22日(土)です。
過去に、大雨で中止になったことがあるので、梅雨を避けた日程にしましたが、ちょっと暑すぎるかもしれません。
しかし、初めから暑いとわかっていれば、熱中症対策も各自考えて来るだろう、と言う小狡い考えもあったりします(笑)

詳しくはこちらをどうぞ。

ご応募をお待ちしております。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

旧吉川邸を隅から隅まで見てみよう2017募集中

昨日、読売新聞に表記のイベントの記事が掲載されました。

記事は、詳しくはホームページへ、という体裁になっていますが、そのホームページを移転したばかりのため、古い情報にたどり着いてしまう人が多いようです。

同じイベントを毎年開催しているので、昨年以前の情報が残っていて、検索サイトが、移転したばかりのホームページよりも、古い情報の方を上位に表示してしまうようです。
検索サイトの落とし穴ですね。

ホームページ上に正しい情報はありますが、念のためここにも掲載しておきます。

*******************************


ご好評をいただいている「旧吉川英治邸を隅から隅まで見てみよう」を、2017年も開催します。

現在、吉川英治記念館の中心となっている旧吉川英治邸は、吉川英治の命日である英治忌(9月7日)にその一部を公開している他は、管理上の理由から原則立ち入り禁止としています。
その吉川英治邸の中を学芸員の説明付きで案内し、実際にそこで生活をしていた吉川英治長男の吉川英明(当館館長)による思い出話を聞くという企画です。
通常の来館者は立ち入り禁止の書斎や風呂場、あるいは2・3階部分も案内します。

作家がどんな家に住み、そこでどう暮らしたか。そんなことに興味のある方は是非ご参加下さい。

〈 応 募 要 項 〉

日   時:平成29年6月10日(土)・11日(日)/6月17日(土)・18日(日)
       各日、13時から(所要時間1時間30分の予定)

参加費用:600円

定員:各回15名(応募多数の場合は抽選)

申し込み方法
下記申し込み先に、「吉川邸見学希望」と明記し、お申込み下さい。
電話申込みは受け付けていません。
抽選結果は応募者全員にハガキで通知いたしますので、お申込みに際しては住所・氏名・電話番号を明記して下さい。

申し込み先
・ファックス=0428-76-1936
・郵送=吉川英治記念館(〒198-0064 青梅市柚木町1-101-1)
・メール=renraku-yehm@mbr.nifty.com

受付期間:平成29年5月20日(土)まで

問い合わせ先
吉川英治記念館 電話0428-76-1575

備考
申し込みの際は、4日間の中で第2希望まで指定してください。申し込みの多寡に応じて調整させていただきます。
2名以上の場合は全応募者の氏名、年齢をご記入ください(住所・電話は代表者のみで結構です)。
参加費用は当日承ります。
休館期間中のため、展示室の展示はご覧いただけません。

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

第8回草思堂落語会参加者募集

サイトそのものを更新する予定でしたが、ちょっと遅れているので、まずはこちらで告知します。

昨年一回お休みした草思堂落語会を、今年も開催いたします。

前回までは、吉川英治が若い頃、吉川英治以外のペンネームで書いた「新作落語」を、実際に噺家さんに演じてもらうというコンセプトでやってまいりました。しかし、吉川英治が遺した「新作落語」は、これまでにひと通り演じていただきましたので、今回は「新作落語」を離れて、古典落語のみで構成することにいたしました。

演者は、今回も吉川英治の遠縁にあたる柳家禽太夫さんです。

演目は、『味噌蔵』と『船徳』。

草思堂落語会は元々、吉川文子夫人の命日である4月23日にちなんで始めたもので、毎回4月に行っています。そのため、「新作落語」に合わせる噺も春の噺ばかりでした。
そこで今回は、あえて冬の噺と夏の噺をやってみる、という趣向です。

禽太夫さんの二席のほかに、若手(未定)の一席を合わせて、合計三席の落語会となります。

参加ご希望の方は、以下の要項に沿って、ご応募ください。

〔 応 募 要 項 〕

○日時:2017年4月22日(土) 14時~16時

○定員:50人

○料金:2000円(入館料を含みます ので、吉川英治記念館の展示もご覧いただけます)

○参加受付:4月8日まで

○応募
・ハガキ:吉川英治記念館まで(〒198-0064 東京都青梅市柚木町1-101-1)

・FAX:0428-76-1936

・メール:oubo-rakugo@mbn.nifty.com

上のいずれかまで、「草思堂落語会参加希望」をタイトルに、参加希望者の住所・氏名を明記の上、お申し込み下さい。なお、希望者多数の場合は、抽選とさせていただきます。
入場整理券を兼ねたハガキを4月12日頃にお送りしますので、当選発表はその発送をもって代えさせていただきます。定員に達しない時は継続して受け付けますので、お問い合わせください。

○問合せ
吉川英治記念館
電話:0428-76-1575

〔柳家禽太夫プロフィール〕
昭和三九年、神奈川県厚木市生まれ。本名・鈴木徳久。昭和五八年、十代目柳家小三治に入門。同年、前座名「小のり」で初高座。六二年、二つ目昇進。平成一三年、師匠・小三治の命名による初代「禽太夫(きんだゆう)」で真打に昇進。「禽」の字は、明治時代に活躍した二代目柳家小さんの愛称「禽語楼」(小鳥が禽えずるように語ることから)にちなむもの。平成一四年、第七回「林家彦六賞」受賞。

| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

ライトアップ

先日告知した紅葉ライトアップ

11月12日に行った草思堂庭園内のライトアップは、おかげさまで好評でした。

今回は基本的にNPO法人青梅吉野梅郷梅の里未来プロジェクトによる企画が東京都の支援事業に採択された結果、実施したものですが、吉川英治記念館の自主企画として継続することも視野に入れて考えたいと思うほどです。

なお、ライトアップは、庭園内については11月12日のみですが、吉野街道から見える大きな楓と母屋のライトアップは、11月27日まで引き続き行います。

今はこんな感じです。

Lightup161117_1_2

この木は大きいため、木の上の方から先に紅葉して、だんだん散って行ってしまうので、後半はちょっと寂しくなってしまうかもしれません。

もし興味がおありなら、お早めに。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

梅の写真展

ところで、例年会場を提供してきた青梅アートジャムですが、今回は要望がなかったので、会場とはなっていません。

青梅アートジャムの今回のテーマは「梅に捧げる」というものです。
9月17日から11月13日までという長い会期の中で、青梅市立美術館でのメイン展示と並行して、青梅市立美術館市民ギャラリーを使って、10日間程度の企画も行うという構成になっています。

その企画の最後のものとして、本日から11月13日(日)まで「梅の小品展・梅の写真展・ワークショップ作品展」が開催されます。
で、この「梅の写真展」ですが、一般に対して写真を募集していましたので、私も応募してみました。

かつて、吉川英治記念館の庭園を彩っていた梅。
プラム・ポックス・ウィルス対策のため、1本残らず伐採されてしまった梅。

記念館に勤め始めてから、折に触れて撮りためておいたそれらの梅の写真を、この機会に皆様に見ていただきたいと思い、応募してみたところ、青梅アートジャム事務局から展示しますという連絡をいただきました。

というわけで、私の素人写真が、いま青梅市立美術館市民ギャラリーに飾られています。
こんなことでもないと、アーティストでもない私の写真が美術館に展示されることなどありえません。

すごいね(笑)

ただ、見ていただきたいのは、かつての梅に囲まれた吉川英治記念館の姿です。

先日、限定的に梅の再植樹が許可され、“青梅市梅の公園”などに、来春までに梅が新たに植えられることが決まりました。
ただ、許可されたのは青梅市梅郷・和田町の両地区のみ。
吉川英治記念館のある柚木町は、今回の許可地域に含まれていません。
いつならば再植樹が許されるのかの目途も立っていません。

せめて、かつての姿を見ていただいて、いつかまた梅に埋め尽くされる日に思いを馳せていただけたらと思っています。

ということなので、写真の良し悪しは問わないで下さいね(苦笑)

厚かましくも12枚も送りつけたのですが、そのうちの1枚をここで。
プラム・ポックス・ウィルス対策で、最初に伐採された紅梅の花びらが、地面に散っているさまです。

P3184191mini


| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

紅葉ライトアップ

もう、11月になってしまいました。
また、今月末には年内の営業が終わってしまいます。
年に6ヶ月の営業だと、一年が過ぎるのが早いことよ。

さて、そんな中、来週土曜日の11月12日に、紅葉ライトアップを行います。

チラシはこちら

閉館後の17時から20時にかけて、吉川英治記念館草思堂庭園内の椎の木とモミジをライトアップし、その間庭園を無料開放します。

また、母屋内では貴重な映像資料も上映します。

ライトアップは初めての試みです。

夜の草思堂庭園の様子は、職員しか知りません。
暗闇に浮かぶ母屋や記念館の姿は、なかなか幻想的です。
そこに、紅葉のライトアップが加わるわけですから、私自身、どうなるか楽しみです。

是非、足を運んでください。

なお、このイベントの背景については、こちらをご参照ください。

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

文学散歩「吉川英治と関東大震災」参加者募集中

文学散歩「吉川英治と関東大震災」を開催します。

2016年12月3日(土)の開催です。

詳しくはこちらを。

最近は、ストイックに歩くだけの文学散歩が続いていましたが、今回は最終目的地が船橋屋です。
くず餅を食べながら歓談する時間が予定されています。

なぜ船橋屋に行くのか、ちゃんと理由があるのですが、それは行ってのお楽しみということにしておきます。

とか言いつつ、昔、こうしてガッツリ紹介していますが。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧