2018年11月18日 (日)

展覧会ふたつ

MIHO MUSEUMから、現在開催中の特別展「百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来」の図録が送られてきました。

この展覧会で吉川英治の茶杓が展示されており、茶杓そのものは当館から提供したものではありませんが、それに添えるための写真をこちらからご提供したためです。

図録をパラパラめくっていて、ある名前に目がとまりました。

朝倉文夫です。

茶杓をめぐる朝倉文夫と吉川英治の逸話については、以前書きました

その二人の茶杓が同時に見られるとは、とても興味深いことです。
ぜひ比較しに行きたいところですが、現在あれこれと記念館の後片づけ中で、会期中に足を運べそうにありません。

どなたかぜひ実物を見て、どんな風に違うか、報告してもらえませんか?

ところで、もう一つ、こちらは当館から資料を貸し出している展覧会があります。

鎌倉文学館の特別展「鎌倉時代を読む 古典から現代作品まで」です。
「新・平家物語」の原稿と「私本太平記」の初版本をお貸ししています。

こちらはまだ何とか足を運べそう。

ご興味のある方は、ぜひどうぞ。

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

吉川英治記念館の平成30年度の開館について

吉川英治記念館は平成30年度いっぱい、つまり2019年3月をもって閉館する事になりました。
それまでの開館日程は以下の通りです。

○2018年11月は、金・土・日曜日のみの開館。

○2018年12月から2019年2月までは休館。したがって年内の最終営業日は11月30日(金)となります。

○2019年3月は3月1日(金)から20日(水)まで開館。この間の休館日は月曜日のみで、火曜から日曜まで開館します。

なお、吉川英治記念館開館から42年間のご愛顧への感謝として、11月からミュージアムグッズを定価の半額で販売いたします(一部商品を除く)。

また、最後の営業月となる2019年3月は、全来館者に対して、粗品を進呈いたします。

残された時間はわずかですが、まだイベントも開催しますので、少しでも多くの方にご来館いただき、記憶にとどめていただければと思います。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

秋の開館期間

本日から、吉川英治記念館は秋の開館期間に入ります。

春の開館期間同様、開館日は金・土・日曜日のみとなります。
祝日でも、それ以外の曜日は休館いたします。

したがって、9月17日(月)・9月24日(月)・10月8日(月)は休館となります。

ご理解の上、ご容赦いただきますよう、お願いいたします。

| | コメント (0)

2018年8月31日 (金)

ご自由にどうぞ

吉川英治記念館は、明日9月1日から秋の開館期間となります。

そんな中、今、諸事情から色々と館内を片付けています。
そんな中で、ちょっと書庫の場所塞ぎになっているなと思うようになったのが、他の博物館施設から送られてくる館報や図録です。
何かの参考になるかと思い逐一保存していたのですが、結局たいして参考にもしないまま、量だけが増えていきます。
処分するタイミングは、今しかないなと思い至り、とりあえず、図録類に関しては、ご来館の方に自由にお持ち帰りいただくことにしました。

お送り下さった各博物館の方には、ご迷惑な話かもしれませんが、まあ、各図録1冊ずつしかありませんから、大目に見てください。

観に行きたかったけど、気が付いたら会期が終わっていた展覧会とか、会場が遠くて行けなかった展覧会とかの図録があるかも知れません。
場所の都合で、一度に全部は出せませんから、お出でになる時期によって、ご提供する図録も変わります。
何しろ開館から42年ですから、数はたくさんあります。


・・・・・・うん、他館の図録で、客を吊ろうとは、狡いにも程がある(苦笑)

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

英治忌のお知らせ

間もなく9月になります。

3ヶ月の休館が明けると、すぐに9月7日の英治忌を迎えます。

吉川英治は昭和37年9月7日に70歳で亡くなりました。
吉川英治記念館ではこの吉川英治の命日に、昭和54年以来、毎年《英治忌》を開催しております。
今年で、記念館の行事として開催するのは40回目ということになります。

例年通り、冷茶や日本酒を来館者にふるまうほか、母屋の座敷では裏千家淡交会青年部によるお茶会も開きます。

裏千家淡交会青年部によるお茶会は、より多くの方に茶道に触れる機会を作ることと、若い茶道家にお点前の経験を持ってもらいたいという青年部からのお申し出を受けて、平成14年から始めたものです。紅梅苑がこの日のために作る限定の和菓子「菊一花」が提供されます。

また、来館者にふるまう日本酒は広島県のにしき堂から長年にわたりご提供いただいている賀茂鶴の樽酒です。

なお、今年は40回目の英治忌ということで、来館者の方100名に抽選でミュージアムグッズを差上げます。

今年は9月7日が金曜日で、平日の開催となりますが、ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

「吉川英治小説作品目録 増補改訂版」

吉川英治記念館は、昨年、平成29年3月23日で、開館から満40年となりました。
それを記念して、「吉川英治小説作品目録」の改訂版を刊行する事を決めました。

今日、開館から満41年を迎えてしまいましたが、ようやく「吉川英治小説作品目録 増補改訂版」が出来上りました。

改訂は、平成4年以来、約四半世紀ぶりとなります。
その間に新たに判明したことを反映させ、さらに、付録として小説以外の随筆集の一覧を追加するなどしました。

希望される方にはお配りいたしますので、以下のメールアドレスに「作品目録希望」として、メールをお送りください。

renraku-yehm@mbr.nifty.com

ただし、予算の都合もあり、100部しか制作しませんでした。
図書館や文学館といった施設に寄贈する分を除くと、20~30部ほどしか配布できません。
その点はご了承ください。

| | コメント (0)

2018年3月 1日 (木)

本日より開館

吉川英治記念館は、本日3月1日より、平成30年の春の営業を開始いたします。

ただし、既にお知らせしたように、3月は従来通り、月曜定休で、それ以外の火~日曜日は開館しますが、4月以降は異なります。

4月からは毎週金・土・日曜日の3日間のみの開館となります。

したがって、春の開館期間は3月1日(木)~5月27日(日)となります。

ご注意ください。

さて、この間の常設展は「最終回で見る吉川英治作品」というテーマになっております。

また、青梅市梅の公園は、昨年度より再植栽が進んでいます。
まだ若い木が多いですが、花を咲かせてくれるでしょう。
観梅というより探梅といった風情かもしれませんが、ぜひ、併せてご来訪いただければ幸いです。

お待ちしています。

| | コメント (0)

2018年2月21日 (水)

吉川英治記念館の4月以降の開館日について

昨日、吉川英治記念館の存続についての記事が読売新聞と毎日新聞に掲載されました。
それについては、まだ私が何か言えるような状況ではありませんので、ここでは控えます。

ただ、4月以降、つまり平成30年度については、当面、次のような形で営業することになりましたので、お知らせします。

・開館日は金・土・日曜の週3日。
・祝日でも、この曜日に該当しない日は休館。
・開館期間は、これまで通り3月~5月と9月~11月。
・ただし、平成30年3月は、平成29年度に入るので、月曜日のみ休館で、それ以外の週6日は開館します。
・開館時間や入館料は今までの通りです。

また、イベントも実施します。
吉川英治記念館のウェブサイト上に、当面、6月までに実施予定のイベントを掲載しています。
いずれ、個別に告知しますが、興味のある方は、ウェブサイトをご覧ください。

http://yoshikawaeiji-cf.or.jp/

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

秋の開館期間&英治忌

バタバタしていて、ほったらかしにしましたが、9月1日より秋の開館期間が始まっています。

常設展のテーマは「追悼・杉本苑子」と「吉川英治の翻訳小説」です。
詳しい内容は、また後日に。

そして、明後日の9月7日は、吉川英治の命日です。
この日は英治忌と称して、毎年、催しを開いております。
母屋ではお茶席、庭では樽酒と冷茶をふるまい、お土産として紅梅饅頭(2個入り)を配布しています。
お茶席では、紅梅苑がこの日のためだけに作る「菊一花」というお菓子が出ます。

平日ですが、参加に予約などは必要ありませんので、お時間のある方はフラッとお立ち寄りください。

お待ちしています。

| | コメント (0)

2017年8月31日 (木)

夏の休館期間

6月1日~8月31日まで、夏の休館期間となります。

心苦しい話ですが、よろしくお願いいたします。

次は、9月1日(金)から11月30日(木)までが開館期間です。

休館期間中でも職員は出勤しておりますが、電話には出られない場合があります。
その点はご了承ください。

(このお知らせが休館期間中常にトップにあるように、8月31日の日付になっております。ご注意ください)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧